喜々として

強き雨音に目が覚めた朝。

この夏のことを思いだした。

母の墓石を前に『四表の静謐を祈らんか』

という言葉が心に浮かんだのである。

隣の松の幹のまわりに同じ高さで

ぐるりと四個のまつぼっくり。

その光景を見ていたときに感じた

母からの大切なメッセージ。

心してきたけれど、忘れてはいけない。

今日はキルギスの思い出深き方のお顔

を紙上で拝見できて本当に嬉しかった。

大変な雨のなかを配達してくださった

女性の声。

受話器の向こうでキラキラと輝いていた。

いつもありがとうございます!

そしてお疲れ様でしたm(_ _)m

明日もよき一日を!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント