足下を掘る!!

梅雨の晴れ間の運動会。

春三月、ぜひ来てくださいね(^_^)とPTA会長さん。

会場につくと、六年生の女の子が駆け寄ってきて

満面の笑顔。

元気?と声をかけるのと同時に

今年、委員長になったよ の声がかえってきた。

昨春、いつも何かをかかえたような顔をしていた彼女。

笑顔もあまり見たことがなかった。

けれども、少しずつうちとけるなかで委員としての仕事にまじめに取り組む

ようになっていった。

時にはわからないことがあると質問にくるようになって、自らすすんで実践

するように。

彼女のよさは日に日に花開き、私も声をかける。

次の現場地域が決まろうとしていたころ、

最後のあいさつをする機会もなく、現場を離れることとなったのだが、、、。

私は安心していた。

彼女はまたひとまわり大きくなって頑張るにちがいないと確信していたからだ。

このたびのとびきりの笑顔での嬉しい報告。

あとからかけてきた別の女子は

もどってきてください!、、。

今年もがんばるんだよ(^_^)ずっと応援してるからね♪

うなずきながら、彼女たちは自分たちの応援席へ帰って行った。

中学生になって真新しい野球部のユニフォームで現れた少年は

照れくさそうに挨拶してくれた。

彼は心根のきれいな少年だった。そして負けなかった。

また、ひとりこっそりやってきて、よく対話した別の少年も恥ずかしそうに笑顔。

対話してきたこどもたちが、みんなそれぞれに笑顔で前進する姿を

目の当たりにして、真剣に関わってきて本当によかったと安堵した。

新たな現場でまたがんばるぞ!と決意して、同僚だった方と語り合い、

その場をあとにする。

そして、現場の近所にある小さな小さなパンやさんへ。

他のお客さんが買い物を終えられるまで外で待っていると

なんと、なんと、なんと、、、、。

今の現場の管理職さんにばったり。

こんなことって本当にあるのだなぁとなんとも不思議な出会い。

来週またよろしくお願いしますと互いにご挨拶。

それからというもの、話しやすい雰囲気が現場にあふれることとなった。

いくつもの出会いがつまっていた日。

昨年の今頃を思うと誰も想像できなかった今。

後日、上司を通じて前の現場の管理職さんからありがたいお言葉を頂戴することとなった。

今いる地域で奮闘すればするほど、職場でも新たな喜びが待っている。

悩み多き中学生だった当時の私。あのときがあればこその今。

さぁ、明日も挑戦だ。

感謝、感謝の毎日である

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント