高校生と語りあう

何年振りかに会った彼女はすっかり背も伸びて

高速バスに乗り込んでやってきた。

小学校の入学式後、初めて入る教室でお隣に立っていらした方が

彼女のお母さん。

何気ない会話から、私達がこちらに転居するまでの間に

すっかり打ち解けて、「ここでこれから頑張ってみるけん♪」と

見送ってくれたものだ。

(去年、お会いした時、とってもイキイキされていて嬉しかった)

その御嬢さんとはクラスメートのおばちゃんとして声掛けをしてきたけど

今回は彼女が日頃から悩んでいたことを、ストレートに

語ってくれた。

私の幼少期とは全く違うタイプ。

うちの娘とも。

だけど、彼女が悩んでいた根本的なものは私がかつて若いころに

抱いていたことに通じるものがあった。

本当に聞いてもらいたかったんですーと。

つたない体験かもしれないけれど、かつて苦しんだことがまた希望となって

いくことをあらためて感じることとなる。これも喜びだなぁ

ちょうど、夜は何があってもはずせない用事があり、また出掛けることになった私。

久しぶりに会うから緊張するわと会う前は言ってたけど、彼女の乗ったバスが

発車するまで見送ってきたと笑顔で話す娘。

最初は彼女の勢いにびっくりしたらしいけど、

私達が真剣に語り合う場に娘がいたことはいい機会だったと思う。

じっくり耳を傾けることができるようになったんやねぇ。

「お母さんの言ってた意味はこういうことなんかな?」と娘。

友人を通してまた親子の信頼関係も深まったように思う。

あと数年もすれば、社会に飛び立つ娘たち。

それまでに、もっともっと語り合っていこう(^^)

私も勉強になるしね♪

ここ数日のすごしやすさのおかげで、英気を養えてHAPPY

なにものかに感謝!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年08月05日 01:04
僕は、子どもがいないので、親の気持ちは、わからないけど、、、
姪たちはかわいくて、なんでもしてあげたいなぁって、思います。

そして、彼女たちが、幸せになるためだったら、自分が犠牲になってもいいって、そう思ってるぐらいです。

こないだも、久しぶりに電話で話していて、『会いたいなぁ』って、言ったら、『うん、会いたい、、、』って、どこか、情けない声をだしていました。
外では、強い子だけど、ほんとうは、女の子なんだなぁって、妙にうれしくなりました。

ユキコさんは、子育てに大成功って感じですね。子どものいない僕がこんなこというのはなんか、えらそうな感じですが、もう、十分、子どもさんは、大人格者ですよ。
楽しみですね、、、今後が、、、
ユキコ
2011年08月06日 17:14
ホープさん こんにちは。
姪っこさんたちを大切にされているお気持ち、
私までうれしくなってしまいました。
子どもたちもみんな、がんばっているんですよね。
そういうことを理解してくれる周囲の大人が
おられるっていうのも、幸福なことと思います。

うちの娘はまだ高校生。
彼女は苦手なこともたくさんあります。
私も子育てに大成功!って胸を張るにはまだまだ
ですよ。

共に成長していきます